SHOT Landscape.

I will tell you the scenery of Japan

片貝まつり浅原神社秋季例大祭奉納大煙火

19時退社からの片貝花火を見に行くぜの巻

2017年9月9日

越後三大花火といえば「海の柏崎」「川の長岡」「山の片貝」

その中で片貝花火は9月9日、10日の曜日固定で開催される片貝町の浅原神社に奉納する奉納花火。

この片貝花火は花火大会という位置づけではなく、1発1発が慰霊や結婚など一つの節目に打ち上げる奉納花火なのです。

例年、自分は希望休を取って片貝まつりへ行ってましたが今年は他の花火大会で希望休を使い切ってしまい結局仕事終わりからの参戦という結果に・・・

しかも、その日は19時終わりで職場が新潟市内なのでそこから片貝花火へ向かいました。

 

いざ、片貝の地に向けて出発

19:10頃

自分の職場から高速入口まで3分くらいなのが幸いしてひとまず高速入り

そこからノンストップで目指すは長岡IC(越路ICも考えましたが、もしもの渋滞回避で避けました)

片貝は表観覧でしか今まで見たことがなかったのですが、今年は仕事終わり&混雑も予想して裏観覧にしました。

なんたって今年は地獄の土日開催ですから(;´・ω・)

 

19:45頃

高速道路を走行すれば見えてくる片貝の花火。

よそ見をしなくても前を向いていれば視界に入ってきます笑

運転しながら花火が見れるって贅沢ですよね。

※花火にのみ集中は禁物です

 

20:05頃

長岡ICを降り、越路方面へ向かいもみじ園・越路中学校の道路を通っていきました。

この周辺から路駐の車がズラズラ~と止まっています。

その後、目的の裏観覧場所に到着!

当たり前ですが、農道には駐車する場所なく車が並んでいました。

しかも、進行先に車が行き違えなくなっているのかしばし渋滞待機

そんなこんなしていると、二尺玉が打ちあがりました笑

 

20:20頃

なんとか下り坂に差し掛かる場所に車を停めれたのでそこからカメラと三脚を担ぎ

撮影場所を見つけに行きます。

しかし、農道側はすでに観覧者で入る隙間がありません。

どうしようかと彷徨っていると、工場らしき一角を発見!

その後、ここを撮影場所に決め写真を撮り始めました。

 

PHOTOGALLERY

f:id:photograph03:20170922153921j:plain

正三尺玉・昇り曲導付黄金すだれ小割浮模様

f:id:photograph03:20170922153923j:plain  

  f:id:photograph03:20170922153922j:plain

f:id:photograph03:20170922153925j:plain

正三尺玉(二発目)・昇り曲導付黄金すだれ小割浮模様

 

f:id:photograph03:20170922153924j:plain

正四尺玉(22時打ち上げ)昇天銀龍黄金すだれ小割浮模様

 今年の9日に打ちあがった四尺玉は小割浮模様がちょっと下に来ていたような感じがしました。

 

花火終了、そして帰路へ

片貝花火の裏観覧は初だったので、さて帰りはいかほど混むのかなと思っていましたが。

とってもスーイスイ(*^▽^*)

高速は使用せず、越路から長岡市まで下道で帰りましたが土曜日とは思えないくらい帰りの道路は空いていました!

ちなみにこの日、知り合いのカメラ男子Mさんは浅原神社有料席で撮っていましたが高速に乗るまで日付が変わりそうなくらいだったそうです・・・。

やはり土日開催の片貝花火はやばいですねw

 

 なにはともあれ、今回会社終わりからの片貝参戦はどうなるかと思っていましたが案外行けるものなんだといい経験になりました笑

DATE:2017.9.9

 

 にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村