SHOT Landscape.

I will tell you the scenery of Japan

熊野大花火2017

 
『それはそれは長い道のりでした・・・。』 

 

 

熊野を目指して10時間...

8月17日(木)三重県熊野市にて熊野大花火2017へ行ってきました。

とりあえず感想は新潟から熊野はクソ遠い

いやいや、花火の感想じゃないんかと思われるかもですがほんとに遠かった。

当初の予定では前日仕事が終わり次第ゆっくり熊野へ向かおうと思っていたんですが、ちょっと寝過ごしてしまい起きてみたらAM6時

やべー、やべー、やべー、やべー

もう、そりゃ高速ぶっぱなして(制限速度厳守)三重県まで目指しました。

しかし8月17日ということもあり案の定、お盆のラッシュと重なり渋滞、渋滞、渋滞

しまいには名神?東名?のJCTの入り口を間違え、再び元に戻るという所業を成し遂げたり。

(田舎者のオラには都会のJCTはよーわからんです)

 

そんなこんなで熊野市に到着した頃には16時すぎ

しかし、国道42号線...名古屋方面から熊野まで42号の1本道を下っていくがここは激混み必須ですね・・・。ほんとは午前中に着く予定だったんですけどね・・・。

 

駐車場へ到着

17:00 目的の金山駐車場へ到着

この時間帯でも駐車場は空いていました。

駐車場に着くまでに個人駐車場が何ヶ所かあったが5000円の文字で入る気持ちが無かった…笑

そこからシャトルバスで花火会場まで行くのですが、なんと大学生のボランティアさんがバスガイドをしてくれていました!

しかも、奇遇なことに新潟出身だと言う。

熊野市が近くなって行くにつれて新潟ナンバーどころか東北、甲信地方のナンバーに出会えなくて軽いホームシックに掛かっていましたが、新潟出身の大学生ボランティアさんに会ってなにやら気持ちがホッとしました笑

バスの中でその子が話していたのは、てっきり花火大会のボランティアだから花火が見れるとばかり思っていたが、配置先が金山駐車場になったことでまさかの花火が見れないということで残念がっていました笑

でも私の分まで皆さん楽しんで下さい!と明るい笑顔で乗客の皆さんに言っていて好感度MAXだったのは言うまでもない。

 

花火会場付近(熊野駅裏口)までシャトルバスが到着しひとまず物品屋さんへ直行

そこで今年の熊野花火TシャツとタオルをGETしました。(せっかくはるばる熊野まで来たのだから戦利品くらいは買わないとと思い)

 

ちなみに今回は有料浜席1万円を事前に買っていました。

近場なら無料席も狙えますが、さすがに遠方者にはこの場所取りは正直キツい(-。-;

有名な獅子岩からも狙い目ですが、三脚が所狭しと並べられておりとてもじゃないが入れる隙間は無かったです笑ここは競争率激しそうですからね笑

熊野の有料浜は1万円の1マス席(180㎝×180㎝のスペースに5名)、半マス席(90㎝×180㎝のスペースに2名まで)があります。

自分は1マス席で自分の他に2人と見たのですが4人くらいで丁度いいくらいですね。5人だとキツキツ

 

ちなみに有料浜購入特典として

  • 熊野花火オリジナルうちわ
  • プログラム冊子
  • レジャーシート
  • 熊野花火特典バッグ

がついてきました。 

 

花火大会開始

熊野花火はクルーズ船も一緒に観覧するようで、四隻のクルーズ船が来航していました。会場のアナウンスでも一隻一隻紹介していました。

どうやら協賛もしているみたいですね!

 

f:id:photograph03:20171118214859j:plain

 

f:id:photograph03:20171118214901j:plain

 

f:id:photograph03:20171118214900j:plain

 

f:id:photograph03:20171118214858j:plain

 

f:id:photograph03:20171118214857j:plain

海上三尺玉

三尺玉はこれまでに何度も見ていますが、さすが海上の三尺玉は大迫力でした!

あの破裂は半端ねぇぇえです

 

f:id:photograph03:20171118214856j:plain

熊野名物 彩色千輪

 

彩色千輪もめちゃ綺麗だった!

この彩色千輪を見たら、津の花火やきほく灯籠祭の千輪も見たくなりました。

 

ラスト、クルーズ船が汽笛を鳴らしてくれるんですがとっても素敵でした(*^^*)

 

ここからが地獄

花火終了後、駐車場へ・・・

 金山駐車場からの行きは熊野駅裏口まで送ってくれましたが帰りは徒歩15分の道のりを歩いた先のシャトルバス停留所まで歩かなければなりません。

停留所に到着してから1時間掛からないくらいでバスに乗り、駐車場へ向かいました。 

駐車場に着き、さぁ出発だ!と坂道をスイースイ楽勝!と思って下ったら車が数珠繋ぎ…

車両通行規制等々により渋滞となり、当日の帰宅は諦め、金山駐車場へ戻り一夜を過ごすのであった・・・。

ちなみに金山駐車場は車中泊者用に翌朝まで解放していました(*^-^*)

 

そして翌朝、新潟へ向けて出発するのであった...END

 DATE:2017.8.17

 

 

 にほんブログ村 写真ブログへ